出産後も働き続けられる環境を

出産したら看護師としての仕事を続けることは難しい・・・そう考えて泣く泣く職を離れる看護師もいる反面、逆に出産を「退職のチャンス」と考える看護師も実は少なくありません。

看護師不足が深刻化する現在の日本において、看護師が仕事を辞めるというのは想像以上に大変なことです。
職場が医療の現場であるだけに「妊娠は病気ではない」という捉え方をされることも多く、妊娠してからも今までと変わらない勤務を強いられているという看護師の話も聞きます。

出産が看護師としての仕事を退職する理由となる原因はその職場が「妊娠・出産しても働くことができる職場ではない」ということです。
妊娠していても、体に負担がないような仕事の内容であれば仕事を辞める必要はないわけですし、出産後も子供がいても働けるような勤務条件や環境が整っているのであれば仕事を続けたいと考える看護師は少なくありません。

日本国内に約55万人いるといわれる潜在看護師の中には「子供の手が離れたら復職したい」と考えている人もたくさんいます。
こうした潜在看護師が復職できる環境が整えば、看護師不足もずいぶん改善するのではないかと言われています。
ずいぶん前からこう言われているにも関わらず、そうはなっていないのが現状なのです。

看護師の仕事も育児も、どちらも決して楽な仕事ではありません。
このふたつを両立させるためには看護師自身の努力だけでなく、職場である医療機関の環境が整う必要があるのです。

出産を理由に仕事を辞める看護師が多いのはやはり子供や家族との生活リズムの違いによるものが大きいと言えます。
実際、一般的な企業に勤めている女性が、一般的な企業に配偶者が勤務しており、実家なども遠方にある場合には、両親の協力を得たり、夫婦が協力しあうことによって、保育所を利用することで、無理なく育児を行うこともできますが、看護師が病院勤務をしていて夜勤などがある場合には一般的な企業に勤務している家庭とは違った問題が出てきます。
まず、公立の保育所の保育時間では夜間や休日の勤務時間中は子供を預かってもらうことができないという問題もあります。

こうした問題について、医療機関でも病院内に託児所を設けているところも増えてきています。
もしくは日中だけの勤務だけの募集が出ていることも少なくありません。

現在働いている職場では出産後、勤務を続けていくことが難しい場合には、別の職場を探すのもひとつの方法です。
また、現在働いている職場であらためて出産後の勤務について話し合ってみるのもよいかもしれません。
出産後も仕事を続けられるような方法を探してみましょう。